一生で必要となるお金はいくら?年代ごとのお金の使い方など

一生で必要となる金額とは

人間が一生生きていくのいくらのお金が必要なのか非常に気になるところです。
一説では最低でも約2億円のお金が人一人生きていくのにかかると言われているのです。
この金額はサラリーマンの生涯賃金でもまかなう事ができません。

一生を安心して生きていくには、賃金以外の副収入が必要であったり、保険や年金の活用や、
時には投資や株など保有しておくほうが安心な場合があるのです。
しかしサラリーマンの賃金には限界があり、
必ずしも保険や年金、投資や貯蓄に上手く充てていくことができません。

一生を安心して生きていくためには、ファイナンシャルプランナー等プロに相談して、
活用法や運用法を相談すると良いでしょう。
よくファイナンシャルプランナーがアドバイスするのは、保険の見直しです。
保険は入院やガン保険、死亡保険などが保障されれば充分であり、
あとのオプショナルな保障はカットしてもほとんど問題ないのです。

一生で必要となる金額
不足分をまかなうには?
ファイナンシャルプランナーのアドバイス
2億円 > サラリーマンの生涯賃金 賃金以外の副収入
保険・年金の活用
投資 株の保有 
保険・住居費の見直し

こうした保険の見直しで二万円前後節約でき、それを貯蓄に回すことができるのです。
また生命保険の年金型で貯蓄型の商品に運用するのも有効です。
元金保障で、国民年金以外に老後の保障があることは、安心に繋がるのです。

またファイナンシャルプランナーは住居費の見直しもよく提唱します。
一生賃貸物件で生活するよりも、やはり古くても小さくても持ち家であることは、
暮らしを安心に導くのは言うまでもありません。
また持ち家であれば人に貸すなど、投資物件としても有効だからです。

大学生のお金の使い方

厳しい受験戦争を勝ち抜いて大学に入学すると、開放感に満たされるのは言うまでもありません。
そのため、いままでできなかったオシャレや美容に興味を持ったり、
海外旅行を検討したり、留学を考えるなど、
それまでには見えていなかった様々なことに関心が向くようになりますね。

また大学は服装や持ち物が自由であり、
様々なファッション楽しむことに興味が沸くようになりますし、
コンパやサークルなどを通じて、高校時代では体験することのなかった新しい世界も開けてきます。
同時に年齢的にも、成人になる時期であり非常に多感な時期であるともいえます。

お金の面でいえば、アルバイトなどで収入を得るケースも多くなり、
成人になる時期と重なっていることもあり、お金の使い方についても
それまでに出来なかった使い方を知る時期でもあります。

アルバイトなどで収入を得る
お金を借りることが可能になる
お金の使い方が未熟
借入れの返済負担増に注意

学生でもアルバイトなどの収入があれば、お金を借りることができるようになり、
無理のない範囲で利用している分には良いのですが、
ついつい借りすぎてしまったりすると、卒業後就職してからも返済に追われてしまうことにもなりかねません。

年齢的には二十歳を迎えていても、社会人としてはまだまだ初心者であるといえるわけですから、
お金の使い方については、特に注意を払っておくことにこしたことはありません。

参考サイト:boogiethemovie.com

COPYRIGHT© お金の使い方を考える ALL RIGHTS RESERVED.